お食い初めは いつまでにやる行事?お祝いの定番メニューや鯛の食べ方マナーも!

子育て

赤ちゃんが生まれ、色々な行事が楽しみですよね!
これからママになる方も、ママ歴が長い人にとっても、
新しい家族が増えるのは嬉しいこと。

 

赤ちゃんの健やかな成長を願う行事は沢山ありますよね〜!
そんな赤ちゃんの行事の1つの「お食い初め」
初めてのお子さんならわからない事も多いのではないでしょうか?

ということで今回は、そんな「お食い初め」について、意味や食事のメニュー、どのようにお祝いすれば良いのか、そのやり方まで詳しくお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク

お食い初めとは何ですか?新米パパ・ママの知っておきたい基礎知識!

「お食い初め」っていつ?

お食い初めは一般的に「生後100日~120日」のことを言い、「生後100日」「生後110日」「生後120日」と地域によって異なります。

「生後100日目」とは生まれた日を1日目として数え、そこから「100日目」のことです。


「絶対何日目!」と決まっているわけではありませんので、生後100日前後の都合と日が良い日に、
お祝いしてあげましょう♪(※「日が良い日」とは、大安満月・新月といった日のことです。


お食い初めとは生後100日目にお祝いする事から、別名「百日祝い(ももかいわい・ひゃくにちいわい)」と呼ばれているのはご存知でしょうか?

ここまで成長した喜びと先の健康を願うと共に、「一生涯食べることに困ることがありませように。」と願いを込めて行う、赤ちゃんにとって、とっても重要な節目の儀式で、


「真魚(まな)始め」や初めて箸を使う為「箸揃え・箸初め」、歯が生えてくる時期でもある為「歯固め」と呼ぶ地域もあり、日本の新生児の他に、中国と韓国の新生児も行う儀式でもあるそうなんです。


では、いったいどんなものを準備すれば良いのか詳しく見てみましょう!

食器

お椀は漆器や素焼きの物を使い、お箸は柳の白木で出来た祝箸(いわいばし)を使います。


男の子用は外側、内側共に朱塗りの物を使い、女の子用は外側は黒く、内側が朱塗りの物と、分けられています。

地域によって異なる場合があるので、親や親戚に確認しましょう!

 

なお、最近では先も使えるようにと、離乳食用のプラスチック製の食器を使うご家庭も多い様です。


漆器のレンタルサービスもありますので、是非利用してみてくださいね♪

食事


海の幸・山の幸を取り入れた
一汁三菜が基本です

上の写真のように、
・お赤飯
・お吸い物
・煮物
・香の物
・鯛の尾頭付き
などが定番です♪

赤ちゃんの初めてのお祝いですから、華やかにしてあげたいですよね!

焼き物


めでたい日には、やはり「鯛」ですよね!
鯛の尾頭付きには「めでたい」の語呂合わせはもちろん、
「首尾一貫」という意味も込められています。
  
魚用のグリルで調理出来ますので、自宅のグリルに入る大きさを準備することをおすすめします!

お赤飯


鯛と同様に、お赤飯も昔からめでたい日には欠かせない一品ですよね!

古来から、赤色には邪気を祓う力があるとされています。

赤ちゃんのこれからの成長と健康を願って、ぜひ出来立てのお赤飯を準備してあげましょう!

スポンサーリンク

お吸い物


お食い初めの時のお吸い物の定番は、季節の食材(ハマグリ・たけのこ・松茸など)です。
しっかりとお出汁が出たお吸い物は、お膳をより上品に引き立ててくれます。

花麩などで可愛く飾ってもいいですね♪

香の物


きゅうりやナスなどの漬物は香りを楽しむ一品であり、味覚をリセットしてくれる役目も持っています。

箸休めにもなりますので、我が家ではきゅうり率が高めですが、にんじんで彩ったり、大根と柚子の香の物をお酢で漬けたものも美味しいですよ♪

煮物


筑前煮の様に、1つの鍋で煮る料理だと簡単に調理することが出来ます♪

  
煮物に入れる野菜には下のようなそれぞれ意味が込められています。

煮物に入れる野菜のそれぞれの意味

・人参と大根で紅白
・かぼちゃやしいたけを亀の甲羅型に切って「長寿」
・里芋は「子宝に恵まれる」
・レンコンは穴が空いているため、「先を見通せる」

歯固め石


昔は「齢(よわい)」という漢字からもわかるように、歯が丈夫で物をよく噛めること』=『長生きすることと深く関わっていると考えられていました。

「歯固め石」に込められている願いとは?

「石の様に丈夫な歯が生え、長生き出来ますように」という願いが込められています。

 

歯固め石はお宮参りの時に神社から授かったり、地元の守り神である氏神様の神社からお借りする、または通販や近くの河原から拾うことで、手に入れることが出来ます。

なお、神社からお借りした・授かった場合は、お食い初めが終わり次第元の場所にお返しします。こういったこともしっかり覚えておくと、役に立つ時がくるので、覚えておきましょうね♪


歯は一生物ですし、小さい頃から気を使う必要があるので、この機会にしっかりとお祈りしておきましょう!

準備が面倒な時には、「宅配サービス」もおすすめ!

「お食い初めをしたいけど自分で作るのは面倒…」
「時間がかかって大変そう…」

と思っているあなた!

そんなあなたにはお祝い膳の宅配がおすすめです!
とっても可愛いお祝い膳もあり、ケーキまで付いてくるものもありますよ♪

お食い初めに鯛!食べ方のマナーも要チェック!

お食い初めには「めでたい」ということで鯛の尾頭付き!
お祝いの席ならではの食べ方のマナーについてご紹介します♪

知らないでいつもの食べ方をすると、失敗するかも!

鯛の正しい食べ方とは?

①まず、鯛を置く向きは「左が頭で右が尻尾」です。
 これは、
日本の作法では、「右よりも左の方が上」とされている為です。

②頭の方から食べ始め、上の身を全部食べます。

③上の身を全部食べた後はひっくり返さずに、骨を綺麗に取り除いて下の身を食べます。


これを覚えておくと、マナー違反にならずに済みますよ♪

まとめ

赤ちゃんのお祝いと祈願の席「お食い初め」。

「絶対何日目!」という決まりはありませんので、招待した方や自分達の都合と日の良い日に、お祝いしてあげましょう♪

お祝い膳は食材それぞれに意味がある事がわかりましたね。

それぞれの意味を知ったことで、より意味のある「お食い初め」を過ごせるきっかけになったのではないでしょうか?

全てをご自分で準備をするのは厳しいなと思うのであれば、レンタルや通販も利用してみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました