暑中見舞いのもつ意味合いや送る時期は?今更聞けない書き方の例文も!

マナー・冠婚葬祭


夏の暑い時期に行う挨拶状に、暑中見舞いがありますよね。
そもそもどんな時に暑中見舞いを出すか知っていますでしょうか?


何となく暑中見舞いはがきが来たから返事をしていた・・・
そもそも返事や暑中見舞いを自分から出したことがなかった・・・
といった経験はありませんか?


そんな暑中見舞いについて、正しいマナーや暑中見舞いをどんな時に送るのか、そもそもどんな意味があるのか、送る時期や例文などについてわかりやすく説明していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

暑中見舞いには何を書く?もらってうれしい内容は?例文をご紹介!

そもそも暑中見舞いとは?

そもそも暑中見舞いの「暑中」とはいつからいつまでのことか知っていますか?

「暑中」とは?

「暑中」とは、夏の暑い時期という意味で、本来は二十四節気の小暑から立秋前(8/22頃)までを指します。

夏には「暑中」の他、「小暑」と呼ばれる時期もあり、これは7月7日頃~を指すのですが、まだ梅雨明けしていない可能性があるので、夏のイメージとしては少々早いと言えます。


つまり、「暑中」=「梅雨が明け〜立秋前」と覚えておくと、暑中見舞いの時期も忘れないでしょう。


では暑中見舞いのもつ意味は何でしょうか?

暑中見舞いとは?

「暑中見舞い」には、〝夏の暑い時期に相手の体調を気遣いこちらの近況を伝える”という意味があります。

昔は、1年を『お正月』と『お盆』の2期に分けた考え方をして、それぞれの時期に近所をまわり、感謝の意を込めて挨拶したり贈答品を渡したりしたようです。


郵便が発達してからそのやりとりが簡略化され、現在でも行われる手紙(はがき)文化になったと言われています。

さて、意味はわかったもののいざ自分が描くとなると何を書いていいのかわからない・・・という方も多いかと思います。


はがきを買いに郵便局やお店に行くと、すでに暑中見舞い用にデザインがされたはがきが販売されているのを見かけたことはありませんか?定例文がすでに印字されているものもたくさんありますよね。


せっかく暑中見舞いを出すのであれば、相手がもらって嬉しい手紙やはがきを送りたいものですね。


ということで、ここでは例文をいくつか紹介していきますので、ぜひご参考にしてみて下さいね

暑中見舞いの書き方

1)暑中(残暑)見舞いの挨拶
2)時候のあいさつからはじまる主文
 ※季節感を含んだ挨拶と相手への体調気遣いの文言を入れ、その後にご自身の近況報告(結婚・引越し・出産何でもよいです)を入れると自分らしい内容になります。日頃伝えられない感謝の気持ちなども盛り込むと◎。
3)結びの挨拶
4)後付(日付、差出人名など)

スポンサーリンク

では、反対に「書いてはいけないNGなこと」ですが、書いた内容が「相手への気遣い」があればOKとされています。


例えば、喪中でも暑中見舞いは出して問題ないのです。なぜなら相手の健康などを気遣うための文化ですので、おめでたい内容である年賀状とは全く趣旨が違うからです。


喪中でもお葬式やお香典をいただいたのであれば、それに対するお礼を入れることは「相手への気遣い」に値しますのでOKです。


ただし、喪中なので年賀状は次回失礼しますと、喪中はがきの内容を暑中見舞いに入れることは「相手への気遣い」ではなく、主旨が違ってしまうのでNGです。

ですので、暑中見舞いを出す上で押さえるべきポイントは・・・

・「時候のあいさつからはじまる主文」を自分の言葉で伝える。

・「暑中(残暑)見舞いの挨拶」と「結びの挨拶」は定型文を上手に活用する。

・暑中見舞いを出す時期は、暦で云う小暑(7月7日頃) から、立秋の前日(8月7日頃) まで!


定例文をどこかから引用して入れるだけではつまらないので、そこを意識して相手に寄り添った内容を盛り込む方が良いでしょう。


こちらでは、「暑中(残暑)見舞いの挨拶」と「結びの挨拶」にあたる定型文がわかりやすくまとめてありますので、ぜひご活用ください。

例文

例1)
暑中見舞い申し上げます

暑さ厳しき折 ご自愛なさいますよう お祈り申し上げます
○○年 盛夏

例2)
盛夏の候 皆様健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます
私共もおかげさまで 家族一同元気に過ごしております
例年並みの暑さが続いております上 なにとぞご自愛のほどお祈り申し上げます

例3)
毎日厳しい暑さが続きますが皆様にはいかがお過ごしでしょうか
お伺い申し上げます

例4)
暑さことのほか厳しい折柄 皆様のご健康をお祈り申し上げます

例5)
暑い毎日ですが 日々はつらつとお仕事にお励みのことと思います
御身大切にお願い申し上げます 

例6)
炎暑のみぎり皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます

http://shochu.postcom.co.jp/shochu-bunrei.php

保護者も喜ぶ暑中見舞い!子ども向け例文をご紹介!

小さいお子様向けであれば、ひらがなで書いてあげると良いです。
内容は子供でもわかりやすく、もらって嬉しい内容にしてあげる
のがポイントです♪

例文

・〇〇ちゃんちのすいかが おおきくなってきましたよ。
あそびにきたときに たべようね!

・たのしい なつやすみをすごしてね♪ 〇〇より

・またあえるひを たのしみにしているね!

など、暑中見舞いのデザインもお子様向けにしてあげるとより嬉しいですね!例えば、動物のスタンプを使って、コメントで

「いろをぬって ぬりえにしてね」

とするのもひとつのアイデアですし、お子様が喜びそうなキャラクターを入れたり、季節のシールや絵柄の入ったマスキングテープを使って華やかにするのも可愛いですよね♪


簡単なものでも、相手を思う心さえあれば相手に伝わりますよ!
ぜひ参考にしてみてください。


まとめ

ここで紹介したように、ポイントは相手がもらって嬉しいと思ってもらえるかどうかで、あとはあなたのアレンジ次第!

インターネットの普及により、手紙やはがきを出す文化が年々薄くなってきてしまっていますが、暑中見舞いなんて・・・と思っていた方も、今年の夏はお世話になっている方や喜ばれそうな相手にはがきを出してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました