産休中の「出産手当」はいつもらえる?申請手続きや条件についても!

ライフスタイル

もうすぐ赤ちゃんの誕生ですね!

とても待ち遠しい時期でもありますが、

産休の時期にお金のことも理解して

出産後の計画を立てておきたいものですね。

今回は産休手当についての色々ご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

要チェック!産休中の出産手当金の取得条件は?

まず、出産~産休に関わる手当としては

『出産手当金』『出産育児一時金』があるのをご存知ですか?

そして、それらには取得条件があります。

 

まず、出産手当金についてですが、

出産日(出産が予定日より後になった場合は、出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の翌日以降56日までの範囲内で会社を休み、給与の支払いがなかった期間を対象として支払されます。

 

しかも、健康保険に加入していれば正社員だけではなく、

アルバイト・契約社員・派遣社員の方ももらえるんです!

 

計算方法によりますが、1日あたりの金額は・・・

(支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額)÷30日×(2/3)

 ※支給開始日とは、一番最初に出産手当金が支給された日のことです

とされています。

 

支給日開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合、次のいずれかの低い額を使用して計算されます。


〈A〉支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額
〈B〉標準報酬月額の平均額

→・
28万円※:支給開始日が平成31年3月31日までの方
   ・30万円※:支給開始日が平成31年4月1日以降の方

※当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額


〈参考〉全国健康保険協会
 
 

一般的には申請してから1~2か月後に、一括でもらえるケースが多いのすぐにもらえるものとは思わず産休終了後くらいにもらえるくらいの構えでいましょう。

 

産休・育休手当の計算方法を詳しく解説!もらえるお金、使える制度を知っておこう!

もうひとつ抑えておきたいものとして「出産育児一時金」があります。

 

これは、出産に関わる分娩に対して支払われるお金のことです!

通常の分娩は保険の対象外ですので何十万もかかってしまい、

保険がきかないのでかなりの高額です。

 

その費用を補助してくれるものが出産育児金なんです。

 

出産育児一時金を受けとる方法はと言うと、

直接支払い制度をつかう

立て替えて後で精算する方法

の2種類あることを覚えておきましょう!

 

一番楽なのは①の直接支払い制度です。

健康保険から直接病院に支払いがされるので手続きが楽なんです。

スポンサーリンク

差額分だけ精算をするのですが、産婦人科にもよるので病院にこの制度が使えるかを

聞いておくのもよいでしょう。

 

②は言葉の通り先に自分で支払いをしておいて、

あとで健康保険に申請をしてお金をもらう方法です。

ただし、申請してからお金を受け取るまでに

数か月かかる可能性があるので気を付けておきましょう。

 

では、出産育児一時金はいくらもらえるのでしょうか?

妊娠4ヵ月(85日)以上の方が出産したときは、一児につき42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円(平成27年1月1日以降の出産は40.4万円))出産育児一時金が支給される。

ことになっています。

 

ただし、雇用保険に加入していないと育児休業給付金は受け取れません。

自営業の方はもらえないということになります。

 

仕事を休んでいる間って無給って本当でしょうか?

会社からの給料はでませんが、それでは

育児にかかる費用を補うことができず生活に困りますよね。

 

それを保証するのが「育児休業給付金」というものです。

 

原則として、産後休業の翌日(産後57日目)から

子どもが1歳になるまで雇用保険から支給されます。

(※特例で保育所に入れることができない場合など事情があれば

2歳まで支給期間の延長を行える法改正が行われています。)

 

ところで「育児休業給付金」っていくらもらえるか知っていますか?

1ヶ月あたりに受け取れる支給額の計算は、

育児休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日)の67%(育児休業の開始から6ヶ月経過後は50%)

となります。

 

もらうためには申請が必要ですが会社によって方法が変わりますので、お勤め先に確認をしておきましょう。

(大半は企業側が申請をしてくれるはずですが個人で申請することも可能です)

 

大体わかったけれど・・結局自分がいくらもらえるか知りたい!

そんなあなたへ・・・

ここまでの説明でざっくりとつかんでいただけたかと思いますが

結局いくらもらえるのか知りたくありませんか?

 

色々調べてみたところ、社会保険労務士法人の

アールワンさんが素晴らしい計算フォームを

フリーで掲載してくださっていましたので、ここで紹介します。

 

それがこちら

こちらのサイトで必要事項数か所だけ埋めてボタンを押すと一発で大体の金額がつかめます!

さらにこのサイトのよいところは右下にある「いつごろ給付される?」

のボタンをおすと月別でいくら給付されるかのイメージがわかるところです。

 

ご参考にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

出産前の産休時にぜひお金のシミュレーションを!

赤ちゃんが生まれたあとでは毎日が忙しくなりますので、

是非出産前にお金のシミュレーションをし家族と話しあってみてはいかがでしょうか。

・入院する産婦人科ごとで大体の出産費用を調べてみて、どれだけ差額がでてきそうか?

・赤ちゃんグッズを買いそろえたら総額いくらくらいになりそうか?

・毎月の生活費について、赤ちゃんが1人増えると月々どれだけ増えそうか?

こういったことをあらかじめ調べて旦那さんと話し合っておくことで、ギリギリでお金の心配を

することを避けられると思います。

 

給付時期や方法についても早めに検討をしておくことも大切です。

 

赤ちゃんと明るく楽しい生活を迎えるためにも出産前の

時間を活用してシミュレーションしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました