赤ちゃんのあせもにベビーパウダーはNG?あせもの正しい対処法と対策グッズ!

ライフスタイル


赤ちゃんは体温が高く、大人よりも汗をかきやすいです。
気づいたら大量の汗をかいていたなんてことありませんか?


冬場でも気がつくと、汗をかいて寝ていたりすることも。


夏になるとさらに汗をかきやすく、
常に体が汗でベタベタしていますよね。
特に首回りやひじの内側などにあせもができてしまった・・・
なんてことありませんか?


あせもが悪化して、痒がったり、真っ赤になったりすることも。
そうなる前にしっかりあせものケアや対策が必要です。


「赤ちゃんのあせもの対策にベビーパウダーは使わない方がいい」
ときいたことがある人も多いでしょう。
ベビーパウダーは汗が出る出口を塞いでしまうので、
最近では使わない方がよいとされています。


今回はあせものケア方法と、
あせもの対策に使えるケアグッズをお伝えいたします。

スポンサーリンク

赤ちゃんや子供のあせもが〈頭・腕•お腹〉にでる原因は?簡単にできるケア方法も!


あせもの原因は「汗」。
本来は汗は皮膚の外へ出るのですが、汗をかいて皮脂や汗が出口を塞いでしまい、
汗がたまってしまうことが原因と言われています。


あせもが頭や腕、お腹にでる原因は、汗がたまりやすい場所だからです。


特に皮膚どうしが擦れるような場所や服と皮膚がこすれる場所にもあせもはできやすいです。
そして、あせもができるとブツブツの発疹がでて痒みを伴います。


ここであせもの対策として簡単にできる方法をいくつか紹介いたします。

「汗をかいたら着替える」

あせもを防ぐ為には、かいた汗を放置しないことがとても大切。
こまめに着替えたり、汗をふいてあげると良いでしょう。


もし時間があるならサッとぬるめのシャワーで洗い流してあげるのもいいですね。
シャワーで洗い流す時は石鹸で洗うと肌の保湿成分も洗い流してしまうので、石鹸は使わないようにするのがポイント!


汗を流して肌を清潔な状態にキープするとあせも対策となりますよ!

「こまめにおむつを替える」

おむつも汗がたまる場所のひとつなので、
夏場はこまめに交換することをおすすめします。


オムツと皮膚が擦れてしまう場所はどうしても汗がたまりがちになり、
あせもになるとその部分が赤くなったり痒みもでます。

「保湿する」

肌のバリア機能を守るためとして
お風呂に入った後は、保湿する習慣をつけましょう。


赤ちゃんは大人に比べて、肌が薄く未発達。
バリア機能も大人に比べて弱いため、乾燥しやすいので、
お風呂に入った後はしっかり保湿をするようにしましょう。


そうすることであせもの肌トラブルからも守ることができますよ。

スポンサーリンク

「通気性のよい服を選ぶ」

あせもは汗がたまりやすい場所にできるので、
風通しのよい服や、素材を選ぶこともポイントのひとつになります。


肌と服は密着しているので、できるだけ熱がこもらない素材を選ぶことで、
あせも予防のひとつになりますね。

「エアコンを使って室温を調整する」

あせも対策には、赤ちゃんの環境をととのえてあげることも大切。
特に寝る環境はとても重要です。


赤ちゃんは寝る時も汗を大量にかくので、
エアコンなどを利用して部屋の温度を調節するようにしましょう!


特に湿度には注意が必要。
湿度が高すぎると、蒸れて汗をかきやすくなるので、
あせもができやすくなります。

赤ちゃんのあせもにベビーパウダーはNG!?本当に使いたいあせも対策グッズ2選!


ベビーパウダーは、昔は使用されていたようですが、
赤ちゃんの汗腺をふさいでしまう可能性があるので、
今は使用をおすすめしていません。


ベビーパウダーを使うとかえって汗腺をつまらせてしまうことがわかったので、
今はあせも対策にベビーパウダーを使わない方がいいとされています。


その代わりに、あせもを防ぐ工夫をするようにしましょう。
市販のあせも対策グッズもあるので、使ってみるのも良いですね。
ここであせも対策グッズを2つ紹介いたします。

「保冷シート」

熱がこもりやすいチャイルドシートや
抱っこ紐に取り付けられる保冷シート。


肌触りの良い専用のカバーも売っているので是非利用してみましょう。
背中や頭を冷やして、体温をさげるので汗をかきにくくなります。


どうしても抱っこ紐やチャイルドシートは、熱がこもって蒸れてしまうので、
保冷グッズを上手に使って赤ちゃんの温度調節をしてあげましょう。

「汗取りパッド」

赤ちゃんの背中の入れておくタイプの赤ちゃん用汗取りパッドもおすすめ。


汗をかいて濡れたら交換すれば良いので、
外出中や着替えが難しい時などにとても便利
ですよ!


赤ちゃんの服に入れるタイプだけではなく、
布団のつけるタイプも売っているので、
赤ちゃんが寝る時に使ってみるのも良いですね。


大きさや形もいろいろな種類が販売されているので
お気に入りの汗取りパッドを探してみましょう!

まとめ

赤ちゃんのあせもは悪化する前にしっかりと対策することがとても大切。


悪化してしまうと、赤くなって掻きむしってしまったりするので
ひどくなる前にしっかりとケアしてあげましょう。


これから暑くなる季節です。
今まで以上に汗もかきやすくなるので、
あせも対策グッズを使ったり、着るものを工夫したりして
赤ちゃんが快適に過ごせると良いですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました