赤ちゃんの鼻水・鼻づまりが治らない!スグできる解消法や寝れない時の対策は?

ライフスタイル


子供が風邪をひいたりして、
鼻づまりが治らないことありませんか?


私も子供が風邪を引き、長引いている時期は
鼻水が続いて夜に何度も起きたり、寝れない

ということよくありました。


鼻水がかめるようになると、
もっと楽になるのですが、小さい子供は鼻水をかめません。


赤ちゃんの鼻は小さく、ちょっとしたことで
すぐに鼻づまりになります。
私の子供2人もひとりが風邪をひくと、
もうひとりにうつって、鼻水が長引く・・・
なんてこともよくあります。


また、鼻水が長引くと、中耳炎の原因にもなりかねないので注意しましょう。


鼻水や鼻づまりには、電動の鼻水吸い器がオススメ。
私も家で使っていますが、鼻をかめない子供にはとても便利です。


「子供が夜中に鼻づまりで起きてしまう」
「鼻水で寝られない」
という時は、体を温める事で鼻水が出やすくなりますよ!


今回は鼻水や鼻づまりが治らず困っている…
というママにすぐできる対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻づまり・鼻水で寝れない時のスグできる解消法と対策は?


子供の鼻がつまって、なかなか寝れない時、
あなたはどうしていますか?

ここではそんな時にスグできる解消法をいくつか紹介します!

「鼻や体を温める」

濡らしたタオルをレンジで温めて(もしくはお湯で濡らす)、
鼻の付け根をそのタオルで温めましょう。


この時にタオルが熱すぎると火傷をしてしまうので、
手で持てて、温かいくらいの温度にしてください
ね!


鼻を温めることで、つまっていた鼻水が
出てきやすくなります。
鼻を温めると同時に、体を温めると、
血液の流れがよくなって体が温まります。
そうすると、鼻水もでてきやすくなります。

首と手首、足首を温めるのがポイント!
子供の体調が良いのであれば、お風呂でゆっくりと体を温めるのも良いと思います。(※熱がある場合はやめておきましょう)

お風呂であれば、加湿もできるので鼻の通りが良くなりますよ!


「加湿する」

部屋が乾燥していると、鼻がカピカピになることってありませんか?

空気が乾燥していると、
鼻水が固まってしまって、鼻づまりになる原因になります。



そういう時は、部屋を加湿してみましょう。
加湿器がある場合は加湿器で、ない場合は
濡れたバスタオルや洗濯物をなどを部屋に干す
だけでも加湿される
ので、試して見てくださいね!

「鼻吸い器を使う」

市販の鼻水吸い器を利用すると、鼻水はすぐに取れます!


奥に詰まっている鼻水もとれるので、
これを使うと子供もスッキリします。



手動タイプはドラッグストアなどで売っています。
また、電動のものもありますが、
1つ持っておくと、とても便利です!

スポンサーリンク

「体勢を変えてあげる」

仰向けに寝ていると、
鼻水が詰まりやすくなったり、
喉の奥に流れ込んで咳き込む場合もあります。


少し体を起こした体勢で寝かせてあげると、
子供が鼻水で寝られない時に少し楽になるでしょう。



私は、子供が鼻がつまって寝れない時は
よく横向きで寝かせていました
子供が鼻づまりで夜中起きてしまう場合は、
子供が楽になるように寝かせ方の工夫をしてみると良いですね!

赤ちゃんの鼻からミルクが出たら?鼻水吸引器は必要?手動と電動どっちがいいの?


人間の鼻と口は繋がっているので、
何かの拍子に鼻からミルクが出てしまうこともあります。


赤ちゃんの体重が順調に増えており、
体調面で問題ないようであれば、特に心配する必要はないでしょう。


首がすわる頃くらいになると、鼻からミルクが
出ることも少しずつ減ってきますよ!


私の子もよく鼻からミルクが出ると同時に
ミルクを吐き戻したりよくしていました。


ですので、子供が自力で鼻をかめないうちは
鼻水吸い器があるととても便利です!

私も電動のタイプを持っています。


上の子が1歳半でRSウイルスにかかった時に
病院で一緒になった同じ症状のご両親と話している時に、
「電動鼻吸い器は絶対あった方が便利ですよ!」とオススメされて、購入。


実際に使ってみると、さっと鼻水を吸えてとても便利!

奥の方で詰まっているネバネバした鼻水も
きちんと吸えて取り除いてあげることができる
ので、
もっと早く買えばよかったと後悔したほど。


もともと手動のタイプはもっていたのですが、
なかなか上手に吸えない上、
親が口で吸うタイプは、子供に風邪が
うつってしまう可能性があります
ので、おすすめしません。
(実際に私もこれで子供の風邪がうつりました^^;)


あと中耳炎になりやすい子も電動タイプがあれば安心。
私の子も2人とも鼻水が続くと、
必ず中耳炎になっていました。
その時にはこの電動タイプが大活躍でしたよ!

手動タイプで上手く鼻水が吸えるというママには、電動のタイプは必要ないでしょう。

あと、あまり鼻水が出ない子や風邪をひかない子には、電動の鼻水吸い器はあまり出番がない可能性が高いので、その子の体調を見て、購入を決めると良いですね


まとめ

子供の鼻水や鼻づまり、ママやパパは心配になりますよね。

子供が辛そうにしている時はできるだけ、
詰まっている鼻水を取り除いてあげることが大切です。

鼻水をできるだけ取り除いてあげることで、
中耳炎の予防にもなります。

市販の鼻水吸い器も電動タイプと手動タイプの2つあるので、
購入する場合は、ママやママが使い易い方を選ぶと良いですね


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました