お風呂をピカピカにする水垢の取り方!歯磨き粉を使った効果的な水垢予防とは?

生活


毎日使うお風呂で気になることといったら水垢

シャワーの蛇口周りや、窓の縁などに潜むカビなど、毎日細かい部分まで掃除するのは面倒だし・・・と目をつぶってはいませんか?


お風呂専用の洗剤でこすってもなかなか落ちない水垢は厄介ですよね。
特に鏡やパッキン部分にこびりついたカビは、一度ついてしまったら落とすのが大変。


でも、そのお風呂の水垢やカビは「クエン酸」で綺麗に落とせます!
クエン酸には、
アルカリ性のミネラル成分を分解する働きがあります。
それが白くなって固まってしまった汚れを柔らかくし、落としてくれるのです。


また、水垢予防としては「歯磨き粉」がオススメ。
歯磨き粉にはフッ素が含まれているので、汚れ防止にもなってお掃除のプロがオススメしている掃除方法の一つなんです。


お風呂掃除でのポイントは、汚れを放置しないこと。
そのまま放っておくと、段々落ちづらくなってしまうので、定期的に掃除することをオススメします。


今回は、そんな歯磨き粉を使った水垢・カビ対策や身近なアイテムでお風呂を綺麗に保つコツをご紹介します!


スポンサーリンク

お風呂の水垢の白い正体は?クエン酸と歯磨きを使った水垢の取り方!


お風呂の水垢の原因は、ズバリ水の中に含まれているミネラル成分で、「カルキ」と呼ばれています。


水道水にはカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムと言われる4大ミネラルが含まれているのをご存知ですか?


このミネラル成分は、水分が蒸発した後に結晶となって残ります。
お風呂の水垢でも「ピンク色をしたもの」と「白っぽいもの」を見かけたことはありませんか?


実は、水垢の正体はこのミネラル分の結晶がこびりついたものです。白っぽくて、こすってもなかなか落とせないのは、このミネラルを含んだ水分が蒸発したことで固まってしまうからです。


では一体どうやったらこの水垢は落ちるのでしょうか?

「クエン酸+サランラップ」で落とす方法

専用の洗剤を使わなくても、手軽に水垢を落とす方法が、「クエン酸」を使った掃除方法です!


冒頭でもご紹介しましたように、クエン酸はアルカリ性のミネラル成分を分解する働きを持っています。その働きによって、この固まってしまったカルキを柔らかくし、落とす効果があるのです。


また、クエン酸は柑橘類から取り出した成分を元に作られている粉末で、もともと自然由来成分であることから安全性が高く、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用できます。


その「クエン酸」と「サランラップ」を使った水垢の落とし方も簡単です!

  1. 市販の粉末のクエン酸小さじ1と水200mlを混ぜて水溶液を作ります。
  2. 混ぜた水溶液を空のスプレーボトルに移し入れ、蛇口や鏡・バスタブなど水垢の気になる部分にたっぷり吹きかけます。
  3. その上からキッチンペーパーで抑え、もう一度念入りにクエン酸水溶液を噴霧します。
  4. その上からラップをし、1時間ほどおいたらスポンジでこすり、ぬるま湯で汚れを落とします。

薄い汚れでしたら、クエン酸水溶液を噴霧してそのまま10分ほど放置して、水垢が浮いてきたらスポンジでこすってみてください。
頑固な水垢には、さらにその上からラップで抑え、密閉すると水垢が緩みやすくなりますよ!

スポンサーリンク



バスタブであれば、水を張った浴槽にクエン酸を溶かして放置してもOKです!

ピンクの水垢には「重曹」が効果的!

洗濯や部屋の掃除にも使用することが多い「重曹」
重曹はアルカリ性なので、酸性洗剤やクエン酸のようにミネラル成分を溶かして落とすことは出来ません。


なので、酸性洗剤やクエン酸ほどの期待は見込めませんが、付着して間もない汚れに対しては、重曹が持つ細かい結晶が研磨剤の効果を生み出し、こびりついた水垢を落とす効果が期待できます!


使い方はとっても簡単です。

  1. 水垢の気になる部分に重曹を振りかけます。
  2. クシャクシャに丸めたラップを使って円を描くように水垢をこすります。
  3. 最後にぬるま湯で流します。


軽くこびりついた水垢であれば、この方法でも十分に落とすことが可能です。

ただし、重曹は研磨剤と同じ効果があるため、こすり過ぎには要注意です!強くこすりすぎるとバスタブやカランに傷がついてしまうので、力加減には気をつけましょう。


お風呂の水垢の効果的な予防策は「歯磨き粉」で解決!!


先ほどご紹介したクエン酸や重曹などに加え、実はもっと身近なアイテムでお風呂の水垢は落とし、尚且つ水垢対策にもなるものがあります。


それは・・・「歯磨き粉」です!


歯磨き粉には、虫歯予防のためにフッ素が含まれていますが、それ以外の成分はご存知ですか?

歯磨き粉に含まれるその他の成分は・・・

  • 発泡剤・・・ラウリル硫酸ナトリウムなど
  • 清掃剤・・・無水ケイ酸、リン酸水素ナトリウムなど
  • 湿潤剤・・・ソルビット、グリセリンなど
  • 香味剤・・・サッカリンナトリウム、メントールなど
  • 保存剤・・・パラベン酸、安息香酸ナトリウムなど

などが含まれています。

この歯磨き粉に含まれる成分こそが、お風呂の水垢を落とす最強のアイテムなんです!


歯磨き粉には研磨剤が入っているため、汚れを綺麗に磨くことができます。ただし、歯磨き粉は、広範囲にわたる水垢汚れを落とすことは不向きかもしれません。


ですが、蛇口などピンポイントで汚れを落とすのにはとっても優秀なアイテムと言えます!歯磨き粉をつけて、こするだけで、簡単にピカピカにできますよ♪


特に、飛び散った水滴による水垢がつきやすい洗面台やお風呂場の鏡のお掃除は、歯磨きの得意分野です。

お風呂に入っている時に汚れに気付いたら、歯磨き粉を使ってちょこちょこっとお掃除する習慣を身につければ、常にピカピカの状態をキープすることだってできますよ!

まとめ

お風呂の水垢は、毎日のちょっとしたお掃除で防ぐことができます。

お掃除が面倒と思う方は、鏡や蛇口に水垢が溜まってくる前に、市販の「水垢防止剤」を用いるのも効果的ですよ!

はっ水効果があるので、鏡に吹きかければ水垢を防止してくれますし、普段のお風呂掃除をラクにしてくれるアイテムです♪

今回ご紹介した水垢を落とすアイテムは、どれも手頃にできるものばかりですので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました