お風呂の床や窓の手ごわい皮脂汚れ!黒ずみや水垢をスッキリ落とす裏ワザとは?

掃除


水回りの中でも特にお風呂は部屋全体が湿気に覆われるため、汚れやすい場所ですよね。
床や窓、鏡などのヌメリや水垢、皮脂汚れなど簡単にとれません!


日頃の掃除から気を付けていればそれほど汚れが酷くなることがないので、出来る限り早めに手を打ちたいものですね。


そんなお掃除が大変と思われているお風呂ですが、黒ずみ水垢もスッキリ落とす裏ワザは実は色々ありますので、今回はそんな方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

お風呂の黒ずみや皮脂汚れは4種類!床と鏡と浴槽の正しい掃除方法とは?

お風呂の汚れにはどんな種類があるの?どうやったら落ちるの?


まずはお風呂汚れの原因の主な4種類を抑えておきましょう。

種類ごとに原因と対策は異なるので、一つ一つ特徴を知っておくことが必要です!

①水垢から生じる汚れ

浴槽が汚れる主な原因は水に含まれている成分と汚れがくっつき水垢になってしまうためです。

水道水にはミネラルが含まれていますが、そのミネラルと汚れが一緒になると水垢汚れとして目立つようになります。

対策!

水垢にはクエン酸が効果的です!
クエン酸はダイソーやキャンドゥといった100円ショップにも売っていますし、既にスプレータイプになっているものもあります。

クエン酸を水垢が発生している場所にふりかけて、少し時間をおいてからスポンジでこすると取れていきますよ♪

②色素沈着

水道水にもともと含まれている金属イオンが原因で浴槽に色素がついて黒ずみ汚れとして目にみえるようになることがあります。

また入浴剤をつかってお風呂に入る方も多いと思いますが入浴剤の成分が色素沈着を起こす原因になることもあります。

対策!

黒ずみ汚れにはアルカリ系の洗剤が効果を発揮します!
その中でも手に入りやすいものが重曹です。

肌に優しいため手荒れの心配もありませんし、こちらも100円ショップで簡単に入手できます。


浴槽全体が汚れている場合は、お湯をためた状態で重曹を溶かし時間をおく。

部分的な場合は、水200ccに重曹大さじ2くらいの分量で薄めてスプレーをつくり、落としたい箇所にまく。

その後でスポンジでやさしくこすれば大体の色素沈着は取れるはずです!

③ヌメリ

ヌメリは、人からでる皮脂・油分が原因の汚れです。赤~ピンクっぽい色になることが特徴的です。

長い間放置すると色が染みついてしまい取れにくくなります。

対策!

こちら色素沈着の対策と同様に重曹をふりかけてからスポンジでやさしくこすり洗いをすれば、ぬめりがとれます!

⑤さび

浴槽が黒ずんでいてさらに触るとザラザラしている場合、さびが発生しているかもしれません。

水栓など金属メッキの部分にさびが発生することが多いです。

対策!

傷がつかないように少量のクレンザーに、不要なストッキングなどを使ってやさしくこすり洗いをすると大体とれます。

傷が心配な方は、ハイターのような漂白剤をキッチンペーパーなどにしみこませてさびの部分に置いておくと漂白成分でさびがとれることもあります。

スポンサーリンク

お風呂掃除をする際は、手荒れの原因になることもありますので、ビニール手袋をしてくださいね!

また、大石や檜といった素材の浴槽が変色する可能性があるため、重曹は使用しないようにしましょう。クエン酸は大理石に使用すると溶けることがありますので、浴槽の材質に注意して使用してくださいね!

床と鏡の掃除方法はどうしればいいの?

〜床の掃除方法〜


色々な方法がありますが、オススメなのは浴槽掃除でも紹介した、「重曹+クエン酸」の合わせ技が効果的です!

やり方!

①重曹とクエン酸を混ぜ合わせます。シュワシュワと白くなり炭酸ガスが発生します。(※有毒ではないですが換気はしっかり行って実施してくださいね!
 ↓
②汚れた床にまんべんなくこの2つを混ぜたものをまいておきます。
ポイント ちゃんとまけるようにゴム手袋をして塗り込んでいきます!
 ↓
③その後で少し時間を置くわけですがオススメはラップかキッチンペーパーで”パック”をします。汚れがひどいときは30分~1時間ほど時間を置きます。
 ↓
④最後にパックを外して、ブラシでこすり洗いをします。流すときは「お湯」で行うと汚れが落ちやすいです!

この方法でも落ちない場合は薬剤の力を借りてもいいと思います。

口コミで言われているのは「オキシクリーン」ですが、私の経験では「重曹+クエン酸」でも大体の汚れは落ちると思いますので、まずはぜひお試しください

〜鏡の掃除方法〜

こちらも皮脂などの汚れなどが鏡についていることが多いので、浴槽でも登場したクエン酸パックがオススメです!

やり方!

クエン酸スプレーを鏡にまんべんなくふりかけてから、ラップやキッチンペーパーでパックをするだけ!

オススメは最後に雑巾をぬるま湯で絞ってからクエン酸をふき取っていくと鏡のツヤが戻っていきますよ!

お風呂の水垢予防に効果的なのは重曹?クエン酸?毎日できるカンタン水垢対策!

今回は、浴槽・床・鏡も薬剤を増やさずにお手軽に用意できる重曹とクエン酸を活用する方法をご紹介させていただきました!

汚れたあとにも、予防としても重曹とクエン酸が使えるのだとしたらとても助かりますよね!そんな裏技をご紹介します★

重曹を使って入浴剤替わりに!


重曹は肌にやさしいので入浴剤替わりに使うことができます。

毛穴の汚れを落とすのにも効果的なのです。普段使っているアロマオイルなどに加えて重曹を入れると浴槽汚れの予防になります!(分量としてはお湯400mlに対して、重曹40gくらいです)

入浴の後のひと手間で予防!


入浴の後、浴槽や床などに皮脂よごれがついているので最後にシャワーで熱めのお湯をかけ流しておきます。

そのあと不要な乾いたタオルで水分をふきとりしておくと汚れにくくなります。

少し面倒かもしれませんが、汚れ対策を徹底したい場合は汚れにくくなるのでオススメです。

まとめ

今回お風呂掃除の原因と対策を色々まとめてみましたがいかがでしたか?

私のオススメはご紹介した重曹とクエン酸を使った方法で、我が家でも大活用しております!汚れ落とし~予防まで使えることができるのでとてもオススメです。

キレイな浴槽でゆっくりつかってリフレッシュしたいですよね!
この週末はお風呂掃除に向き合ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました