保温弁当箱なら夏場でもランチジャーがおすすめ! 食中毒が心配な夏でも安心できる使い方とは?

料理・食べ物


気温が高くなってくる時期に気になるのが、

お弁当の食中毒
冬場はあまり気にしていなくても、夏になると

気温が上がって、お弁当が痛みやすくなるので食中毒が心配な人も多いのでは?


今はお弁当で保温のランチジャーを使っているという人も多いでしょう。
夏場にランチジャーを使うのはどうなんだろう?と、ちょっと心配ですよね。


ですが、夏場でも保温のランチジャーを
正しい使い方で使うと食中毒のリスクは減ります。


実際に、食中毒が起こりやすいとされる環境というのは「菌の繁殖」
その温度というのが25〜40度くらいと言われています。


食中毒となる菌が発生しやすい温度だと、
お弁当が痛んでリスクが上がります。


そのため、保温のランチジャーを使う時も、
お弁当の具材が中途半端に暖かいままにならないように注意が必要です!


食中毒を防ぐためには、おかずやごはんは
「しっかり冷ましてから入れる」
「汁物は十分に暖かい状態で入れる」

この2つがポイントになります!

ということで、今回は夏でも安心して使える、
保温弁当の上手な使い方をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

夏場の保温弁当箱は食中毒が心配…気をつけるべき5つの注意点は?

「暖かく食べたいものは十分に温めた熱い状態で入れる」

冒頭でもお伝えしましたが、
食中毒の原因となる菌が繁殖する温度は20〜40度。

日本の夏は蒸し暑く、40度近くまで気温が上がってしまう場所もあるほど。
お弁当への影響は避けたいですよね!


お弁当がこの温度にならないようにするには、
「熱いまま食べたいものは、熱いまま」保温のランチジャーに入れましょう!

そうすると熱いまま保温されますので、菌の繁殖を防ぐことができます


「スープ類は保温容器にたっぷりと入れる」

ランチジャーにスープや味噌汁を入れるという方多いのでは?

私も保温のランチジャーを使って、お弁当を

持って行ったことがありますが、味噌汁や
スープを入れる時はたっぷりと入れておくと、保温力がより持続します。


中途半端に容器の半分くらいまでしか入れていないと、
かえって保温効果が持続しにくくなってしまいます。
暖かい状態で食べたいものを保温容器に入れる時は
たっぷり入れるようにするのがコツです♪

「おかずは冷ましてから入れる」

保温できるランチジャーのお弁当箱に、
「おかずは調理したあとにしっかりと冷ましてから」
お弁当箱に入れるようにしましょう!

中途半端に暖かいまま入れてしまうと、

菌が繁殖しやすくなり食中毒のリスクが高まります。


「お弁当箱は綺麗に洗う」

これは基本中の基本ですが、汚れはしっかりと落として清潔に保つようにしましょう!


保温のランチジャーにはパッキンがついているので、毎回パッキンをすべて外してきれいに洗い、水気をとったら、しっかりと乾燥させましょう。


汚れが残っていると、菌が繁殖する原因となるので、食中毒へのリスクも高まる原因となってしまいます。

洗った後にしっかり乾かすのもひとつのポイントです!

スポンサーリンク

「6時間以内に食べる」

保温のランチジャーの保温効果は6時間程度。

できるだけ6時間以内に食べるようにしましょう!

保温の温度が下がってくると、菌の繁殖にもつながるので注意してくださいね。

夏の保温用弁当箱の正しい使い方!〈サーモス・象印・タイガー〉おすすめメーカーは?


どうしても食中毒が心配!という方は、保温用のランチジャーを保冷用として冷たいお弁当を作るのもひとつの方法。

例えば、私も夏の暑い時期によく試すのですが、冷たい麺類をお弁当にするという方法があります。

麺と言っても、

  • 冷やしそうめん
  • 冷やし中華
  • ざるそば/ざるうどん
  • たぬきそば/たぬきうどん

など、コンビニのようにバリエーションも幅広いです!
むしろ、普通のお弁当よりも手間もかからないので、時短にも最高です♪


このように、保温用ランチジャーを使って、夏メニューにしてはどうでしょう?
冷蔵庫で冷やしておいた麺とだしを入れて持っていくのも良いですね!


各メーカーから保温用弁当箱が販売されていますので、
ここで、いくつか紹介したいと思います!

サーモス

サーモスは魔法瓶のメーカー。
私もサーモスの3段ライプのランチジャーとスープジャーを持っています。

「ステンレスランチジャー 0.6合 JBC-801」

3段のランチジャーは真空断熱の専用の
保温ケースに3つの容器を入れるので、保温力があります。

パッキンも簡単に取り外しできて、
洗いやすいのもおすすめポイントのひとつ!

大きさもそこまで大きくなく、コンパクトなので持ち運びするのに便利ですよ♪

「真空断熱スープジャーJBU-380」

スープジャーはカレーやシチューなどを
入れてよく使っていますが、熱々のものを
ぎりぎりまでいれると、保温力は抜群です!!

こちらも口が大きく洗いやすいので衛生面でも安心ですね。

象印

魔法瓶とはじめとする、調理家電の日本のメーカー。

保温弁当箱には抗菌対策として「Ag抗菌加工」やニオイがつきにくい「クリンベル加工」といったものを施しているのが特徴。

この加工でニオイや汚れがつきにくいのですが、さらにフッ素コートされているので、洗いやすいといった点でオススメです!

「お・べ・ん・と SZ-MB04」

象印のこちらの保温弁当箱は、300mlのおかず容器が2つあって、
おかずがたくさん入るのが特徴です。

おかずをしっかり食べたいという人にオススメです!

ただし保温対応しているのはごはんの容器だけで、
おかずは保温対応してないので、夏場は保冷剤を一緒にいれておくと安心ですね。

タイガー

真空断熱保温の魔法瓶のメーカー。

タイガーも「スーパークリーン加工」という
ニオイや汚れをつきにくい加工を施しています。

「ステンレスランチジャー LWU-A172」

約お茶碗3杯分のごはんがたっぷり入る
大容量タイプのランチジャーは、
しっかりとお弁当を食べたい方におすすめです!

タイガーはランチジャーのごはんを入れる量によって、様々な種類があるので、自分にぴったりの大きさの保温弁当箱を選ぶと良いですね。

まとめ

毎日、お昼はお弁当を持っていくという方も多いでしょう。

暑くなってきた夏場にお弁当の食中毒を避けるためにも、保温弁当箱のランチジャーを上手に使って、食中毒対策しつつおいしいお弁当をいただけると良いですね!

いろいろなサイズの保温弁当箱があるので、
自分にあったぴったりのひとつが見つけてみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました