夏バテ防止の食べ物をより効果的に食べる方法は?夏にオススメしたいレシピと飲み物も!

食べ物


毎年、40℃を超える地域もあるほど、日本の夏はジメジメしていて暑いですよね〜。
猛暑のニュースが流れる度に夏バテを心配する人も多いかもしれません。


この時期になると、ママ達は家族の健康を考え、雑誌やレシピ本に掲載される夏バテ防止メニューを参考にして、毎日のメニューを考えなくちゃいけないから大変ですよね!


夏バテ予防には、体の疲労回復を助ける「クエン酸」「ビタミンB1」などが効果的という話はご存知の方も多いと思いますが、夏バテ防止の鉄則は栄養バランス規則正しい生活を心がけること!!


ということで今回は、夏バテ防止のおすすめレシピや飲み物をはじめ、夏バテになりやすい人となりにくい人の違いや原因、夏バテ予防の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

夏バテ防止に効く食べ物のレシピには何がある?簡単&時短のおすすめ料理!果物も!


夏バテ防止の食べ物は?と聞かれると「豚肉」「ゴーヤ」「梅干し」・・・などを思い浮かべる人も多いかと思います。

夏バテ防止には栄養があるものを摂ることが重要です!

夏バテ防止に必要な栄養素

タンパク質:夏はタンパク質を消耗しやすいため補給が必要。肉類や魚介類、豆類、卵、乳製品に多く含まれる。

ビタミンB1:糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする。豚肉、ウナギに多く含まれる。

アリシン:ビタミンB1の吸収を高める。たまねぎやにんにく、ネギなどのニオイの成分に含まれる。

ビタミンC:暑さによるストレスで消費されやすく、不足すると疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりします。

〈引用〉全国健康保険協会「夏バテを防ぎ、元気に暑さを乗り切る!」より



上の夏バテを予防する栄養素を元に、ここではいくつか栄養たっぷりな夏バテ防止のおすすめ料理のレシピ
メニューを3つ紹介します!

食欲がない時には「野菜たっぷりそうめん」!

材料(1〜2人前)

・そうめん・・・1束
・オクラ・・・お好みで!
・ねぎ・・・お好みで!
・青じそ・・・お好みで!
・ミョウガ・・・お好みで!
・めんつゆ・・・お好みで!


作り方は、説明するまでもなく、
香味野菜をすべてみじん切りにする。
そうめんの上にたっぷりのせる。
めんつゆをかけてそのままいただきます!

夏の風物詩そうめんを使った簡単時短夏バテ対策レシピ
のどごしもよく、つるっと食べれるので食欲がない時におすすめです!
香味野菜は、お好みの量でお試しください♪

私は香味野菜にきゅうりとトマトを追加して食べますが、他にも野菜をプラスしても美味しいですよ!

しっかり栄養をとりたい時は「キャベツたっぷり豚肉の生姜焼き」!

材料(1〜2人前)

・豚肉・・・250g
・キャベツ(千切り) ・・・1/4個
★酒・・・大さじ1
★塩・・・少々
★こしょう・・・少々
★砂糖・・・大さじ1
★みりん・・・大さじ1
★しょうゆ・・・大さじ1
★しょうが(チューブ可)・・・小さじ1
・ごま油・・・大さじ2
・ごま・・・お好みで!

作り方

①豚肉は好みの食べやすい大きさに切る(豚こまは切らなくても良い)
ポイント 豚こま肉でも豚バラでも生姜焼きに使えるものならなんでもOK!
 ↓
②袋に豚肉を入れ、★の材料を投入しよく揉み込み、お肉全体に調味料が馴染むようにしたら、2時間程度冷蔵庫で放置する。
 ↓
③キャベツは千切りにする。
 ↓
④フライパンにごま油をひき、②で漬け込んだ豚肉を焼く。
 ↓
⑤お皿にキャベツを盛り、その上に焼いた豚肉を乗せ、ゴマをかけて出来上がり!

お好みでお肉を盛る前にマヨネーズをかけても美味しいです♪
豚こまを使うと切る手間がなくなって楽チン!

しっかり栄養がとれて、白いごはんが進みます♪豚こまと一緒にスライスした玉ねぎも一緒に炒めても良いですね!

夏バテ防止に飲み続けたい「レモンジュース」!

材料

・レモン・・・5個
・氷砂糖・・・600g
・酢・・・700ml

スポンサーリンク

作り方

①果実酒用の瓶を煮沸して消毒、乾燥する。
 ↓
②レモンを輪切りにする。
 ↓
③氷砂糖をレモンを交互に入れ、最後の酢を入れる。
 ↓
④1週間ほどして、氷砂糖が溶けたらできあがり!



こちらは原液ですので、水や炭酸水で薄めて召し上がってくださいね♪

レモンにはビタミンCにはクエン酸が含まれています。
疲労回復の栄養がたっぷりで、夏バテ防止にはぴったりのドリンクです!

毎日飲むと疲労回復の効果があるので、夏バテに効果的になります!

私は夏の時期にこのレモンジュースを作りますが、夏バテ予防に毎日飲んでいます!



夏バテ防止のレシピを3つ紹介しましたが、夏バテ防止に効果的なレシピを探している時に是非参考にしてみてください!

夏バテになってしまったら!? なりやすい人の原因と手軽にできる予防対策!


夏の暑さが原因で、外の気温が高くなると体は体温を下げようとするために汗をかきます

夏バテの原因は?

・ミネラルやビタミンなどの栄養不足
・暑さによる睡眠不足
・室内と室外の温度差
・食欲不振


と、夏バテになりやすい人はいくつかの要因が生活習慣の中にあり、発汗によるミネラルやビタミンなどの栄養の不足夏バテの原因のひとつです。


人の身体の約60%は水分が占めているというのはご存知かと思いますが、厚生労働省の資料によると、人は普通の生活においても毎日2.5Lの水分が身体から失われているそうです!!


汗には水分だけミネラルやビタミンも含まれているので、汗となり一緒に体内から出ていってしまうので、こまめに補給する必要があります。


あとは「暑くて夜ねれない」、「エアコンにより冷えた室内と暑い屋外の温度差が激すぎる」といった環境も自律神経の乱れにつながり、それが食欲不振となるケースもあるそうです。


食欲がなくなることで栄養が不足し、夏バテになると言われていますので、できるだけ規則正しい生活をして、自律神経が乱れないようしましょう

食欲がなくてもできるだけ栄養のあるものを摂り、睡眠不足にならないように気をつけましょうね!

夏バテになりやすい人ってどんな人?


「冷たい飲み物や食べ物ばかり食べていると夏バテになりやすい」
と聞いたことがある人が多いかと思います。


例えば、夏の暑い時期にエアコンの部屋にいて冷たいものばかりを口にしていると、必然的に体はさらに冷えますよね。



また、室内で冷えきった体で突然暑い外に出ると、その急激な温度差により、体が対応しきれずに自律神経の乱れにも繋がりやすくなるそうなんです!

夏の時期にエアコンの効いた部屋にいる時間が長い人
水分摂取が少ない人
栄養バランスが偏っている人

上記に当てはまる人ほど、夏の時期に自律神経の乱れを起こすケースが多いので夏バテになりやすい傾向にあるようなので、当てはまるものがあれば気をつけましょう!



夏バテを予防するには、
規則正しい生活
自律神経が乱れないようにする

が基本です。

食欲がなくてもできるだけ栄養のあるものを摂り、睡眠不足にならないように気をつけることが大切です。


水分が不足していると汗がでにくい状態となるので、体の温度調節機能が低下します。
暑い時こそ適度な水分を摂り、水分不足を防ぎましょう!(※ただし、冷たい飲み物の摂りすぎには注意しましょう!) 

まとめ

夏バテ予防の対策として、実は特に難しいことをする必要がないのです。

日頃の生活の中で、「規則正しい生活」「しっかりと栄養を摂ること」を心がけていくことがとても大切ですので、是非この夏は夏バテ予防として、心がけてみましょう。


そして、今年も暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました