新盆のやり方。初めてのお盆の過ごし方と新盆で準備するものとは?

マナー・冠婚葬祭


身近な人が亡くなって初めて迎えるお盆。
この初めてのお盆のことを「新盆(にいぼん)」と言います。

身近な人を亡くしたことがない場合ですと、お盆は楽しく長期休暇を満喫できるので、お盆に対しての価値観が違うかもしれません。

ですが、お盆は亡くなったご先祖様や大切な人のことを想う、毎年欠かせない行事の一つです。

お盆や新盆といった言葉はよく聞くと思いますが、そもそも「新盆」とは何のことなのか、初めてのお盆の過ごし方や新盆で準備するものは何かご存知ですか?


ここでは、新盆の意味とやり方、正しいお盆の迎え方についてご紹介します。
これで初めてのお盆でも安心して迎えられますので、ぜひご参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

新盆のやり方。そもそも「新盆」とは?


お盆の期間は、東京では7月13日〜16日、その他の地域では8月13日〜16日とされています。

新暦や旧暦、地域などによってもこのお盆の期間は異なる場合もありますが、初めて迎えるお盆(初盆)はわからないことが多く、悩む人も多いのでは?

「新盆(にいぼん)」とは、故人の四十九日の法要が終わってから初めて迎えるお盆のことを言い、初盆と同じ意味があります。


例えば、四十九日の期間にお盆を迎えてしまった場合は新盆(初盆)は翌年のお盆に迎えることになります。

新盆と初盆には何か複雑な違いがあるようにも思われるのですが、単純に読み方が違うだけで「四十九日後に行う初めてのお盆」という意味に違いはありません。


初めてのお盆の過ごし方と新盆で準備するものとは?


初めてのお盆の過ごし方と通常のお盆の過ごし方は少し異なります。

ご先祖様や亡くなった人を自宅に迎え入れるお盆ですが、普通のお盆は親戚や友人は招かずに家族のみで行い、住職を招き法要をすることもありません。

それに対し新盆(初盆)は初めて迎えるお盆ですので、この年には親族を呼んでお坊さんにお経を読んでもらい、念入りに供養してもらうために法要を行うのが基本。

新盆で準備するものはお盆と同じですが、新盆の場合はお寺で法要を行ったり、飾りの準備など前もって用意しておくことがあります。

スポンサーリンク

精霊棚(しょうりょうだな)

精霊棚とは、お盆にご先祖様の霊を迎えるための場所のことを指します。
地域によっては盆棚とも呼ばれることもありますが、どちらも意味は同じです。

この時、位牌はお仏壇から取り出し、精霊棚の中央に飾りましょう。

こちらの記事では、精霊棚の作り方の基本についてもご紹介しています。
お盆を迎える準備はいつから?迎え盆と送り盆の正しい迎え方も!

精霊馬(しょうりょううま)

お盆になると、馬や牛に見立てたナスときゅうりのお飾りを見かけたことはありませんか?

このナスときゅうりもお盆には欠かせないお飾りとされています。

ナスは牛、きゅうりは馬に見立てられ、お盆に帰ってくるご先祖様が馬に乗って早く帰ってこられるように、そしてお盆を終えてあの世に戻られる時には牛に乗ってゆっくりと戻れるように、との願いが込められています。

こちらの記事では、おなすときゅうりの作り方をご紹介しています。
2020年お盆休みは何日から何日まで?意外と知らないお供えの基本マナー!

白提灯

精霊棚(しょうりょうだな)と精霊馬(せいれいば)に加え、新盆(初盆)に準備しておかなければならないのが新盆用の「白提灯」

いつものお盆では絵柄の入った盆提灯を使用しますが、新盆(初盆)では白提灯を飾ります。

この白提灯を飾る理由は諸説あるようですが、亡くなった故人の霊を“清浄”や“無垢”とし、華やかな色は避けて、「白」で表現するようになったことが由来です。


ここで注意しなければいけないのが白提灯の数。
通常のお盆に飾る盆提灯は二つ一組で飾りますが、白提灯は一つあればOK。

宗教や宗派によっても異なりますが、一般的に白提灯は対にして飾ったり複数飾る必要はありません。ただし、新盆(初盆)で飾る白提灯には家紋が入ったものを準備するケースが多いので、初盆を迎える最低1ヶ月くらい前には準備しておくと良いでしょう。


白提灯は、お盆を迎える13日に迎え火を灯し、16日に送り火を終えたら灯火を落とします。


また、この白提灯は新盆(初盆)にしか飾らないため、送り火の時に自宅で焚き上げるか、それが難しい場合はお寺にお願いして供養処分をしてもらうこともできるので、お寺に確認してみることをおすすめします!

まとめ

新盆のやり方をはじめ、初めてのお盆の過ごし方と新盆で準備するものなどををご紹介しましたが、いつものお盆の過ごし方と少し異なることがわかりました。

お盆は亡くなった家族をお迎えするとても大切な日です。
ぜひしっかりと準備をして故人をお迎えし、供養してあげてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました