お盆を迎える準備はいつから?迎え盆と送り盆の正しいやり方も!

マナー・冠婚葬祭


夏といえば「お盆」
このお盆休みの連休を迎えると、実家に帰省したりお墓参りをしたりする人も多いでしょう。

お盆は夏のイベントがめじろ押しの時期でもありますが、ご先祖様をお家に迎えて供養するとても大切な時期でもあります。

お盆の風習は世界各国でもあり、実は日本のこのお盆の風習も中東のシルクロードを渡ってきたという説があります。


お盆を迎えるのには「迎え盆」「送り盆」と言って、ご先祖様の霊を迎え入れ、また送り出すための準備をいくつかしておく必要があります。


今回はお盆を迎える準備はいつからすればいいのか、迎え盆と送り盆の意味や正しい迎え方についてわかりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

お盆を迎える準備はいつから?


夏になると迎える「お盆」。

「迎え盆」や「送り盆」など聞いたことはあるけど、どんな意味を持ち、準備はいつからするのかなど、意外と知らない人も多いです。

このお盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれ、ご先祖様の霊がこの世に里帰りする日」で、東京近郊では毎年7月13日〜16日、その他の県では8月13日〜16日に行われています。

ここではお盆を迎えるにあたっての準備の仕方と供養の手順についてご紹介します。

精霊棚を飾る

お盆にご先祖の霊を迎え入れるには、ご先祖様を迎えるための場所を用意します。

これを「精霊棚(しょうりょうだな)」と言います。

精霊棚の作り方は、

  1. お仏壇の前や縁側に近い場所に小さな机を置き、真菰(まこも)で編んだござや白布などを敷きます。
  2. そこに、位牌・香炉・燭台・リンを用意し、①の机の上に置きます。
  3. 迎え団子を13個お皿に盛り付けお供えします。


通常、12日の夕方〜13日の朝にはお仏壇の清掃や整頓をした状態で、仏壇のお飾りやお供え物を準備を済ませます。

精霊棚にはご先祖様の霊を迎えるために色々なものを備えるのですが、ナスときゅうりで作られた「精霊馬」も備えます。

〈関連記事〉
2020年お盆休みは何日から何日まで?意外と知らないお供えの基本マナー!

迎え火を焚く(お盆提灯)

「迎え火」とは、ご先祖の霊が道に迷わず家に辿り着くように示された道しるべのこと。
この迎え火によりご先祖様が家に帰ってくるのを迎えします。

13日の夕方に家の玄関の前で焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きのお皿の上にオガラ(麻の茎)を折り積み重ねて火を焚き、お迎えの準備をします。


ですが、現代の日本では家の前で迎え火を焚くことができません。

その代わりに使われるのが提灯

電気で点灯する提灯を玄関前に下げておくと、ご先祖様の霊をお迎えできるとされています。

基本的には提灯の火を使ってオガラを焚くのですが、提灯が電気タイプの場合は仏壇用のろうそくを使ってオガラを焚くようにしましょう。

スポンサーリンク

送り火を焚く

お盆を終える15日または16日になると、お盆の期間中一緒に過ごしたご先祖様の霊を送り帰す「精霊送り(しょうりょうおくり)」を迎えます。

「送り火」とは、迎え入れたご先祖様の霊が無事に極楽浄土(あの世)に戻れるようにお見送りすること。

迎え火を焚いた場所と同じ場所でもう一度焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きのお皿の上にオガラ(麻の茎)を折り積み重ねて火を焚きます。

迎え火と同じく提灯の火を使ってオガラを焚き、精霊馬などのお供えも一緒に燃やします。

その後、その提灯の火を消さないようにお墓に持って行き、お墓の前で火を消すというのが昔ながらの送り火のやり方です。


でも現代ですと、迎え火と同様に玄関で精霊馬やお供えを燃やすこと、またお墓まで提灯を持っていくのも難しいですよね。

その場合、精霊馬やお供え物を無理に燃やさなくても問題ありません!

提灯に関しても仏壇の火を使って玄関でオガラを燃やすだけでOK。

迎え盆と送り盆はいつ行うの?知っておきたい正しい迎え方も!


お盆は東京近郊では毎年7月13日〜16日、その他の県では8月13日〜16日に行われています。

このように地域によって7月にお盆を迎えたり、8月にお盆を迎える地域もありますが、月が違うことによって「迎え盆」と「送り盆」の日付は変わることはありません。

「迎え盆」・・・お盆を迎えた初日=13日
「送り盆」・・・お盆が終わる最終日=15日

と月が違ったとしても変わりません。

ただし、厳密に13日と15日と決められているわけではありません。
ご家庭の事情でお盆を法要を行える日は違いますよね。
そういった場合は、そのご家庭でお盆の法要をはじめる前日を迎え盆とし、法要を終えた日に送り盆を行えば問題ありません。

就活ねっと」より引用


とのことですので、必ずしも13日に「迎え盆」、15日に「送り盆」を迎えなければならないという訳ではありませんので、各々のご家庭の法要する日を基準に行うと良いでしょう。

まとめ

毎年迎えるお盆ですが、「迎え盆」や「送り盆」に準備することやどういった意味が込められているのか知っていると、前もって用意しやすいですよね。

宗教によって過ごし方は変わると思いますが、正しい作法や過ごし方がわかるだけでも供養の際の気持ちの持ち方も違ってくるものです。

ぜひ今後のご参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました