子供のお箸の練習はいつから? 間違った持ち方の直し方や使いやすいグッズは?

ライフスタイル


子供がひとりでごはんを上手に食べれるようになると、気になるのが「お箸」

「子供のお箸の練習っていつから始めた方がいいの?」
「練習は必要?」

と気になるママも多いでしょう。

お箸は綺麗に持てるようになってほしいと思うママも多いはず。
私もその一人です。


私は2歳と4歳の子供がいますが、上の子はリングが付いているエジソンのお箸を2歳頃から使っていました。

補助リングがあるおかげで、補助箸はスムーズに持てるようになったものの、幼稚園では年少から普通のお箸を使わなければならなくて、握り箸でなんとかごはんを食べていたようです。


普通のお箸は難しいようで、正しく持てず、しばらくは握り箸が続きました。
結局、握り箸から普通に持てるようになるまで、1年半以上かかりました。


友人の話を聞くと、エジソンのお箸などの補助箸を使わずに、すぐに正しくお箸を持てる子もいれば、ちょっと間違った持ち方をし始めてしまったなど、その子その子でそれぞれ違うようです。


子供のお箸の練習を始めるタイミンングは、

  • 子供がお箸に興味がある
  • スプーンやフォークを下から持つすくい持ち(鉛筆持ち)ができる
  • 指でピースができる


この3つになります。


無理にお箸を持たせようとしても、本人が嫌がっては意味がありません。
子供の成長に合わせて焦らずに進めていくことが大切です。


今回は子供がお箸を持てるようになる為に、

教え方のポイントとおすすめのお箸の選び方をお伝えします。

スポンサーリンク

子供のお箸の正しい持ち方!教え方のコツや間違った持ち方の直し方は?


子供が自分でスプーンやフォークを自分で持てるようになると、自分自身でごはんを食べられるようになります。

その時にスプーンやフォークの持ち方が、

  1. スプーンを上からグーで握るようにして持つ持ち方
  2. スプーンを下から、グーで持つ持ち方(下手持ち)
  3. えんぴつを持つような持ち方


なのかをチェックしてみましょう。

上から握るようにしてスプーンを持つ持ち方は「握り持ち」と呼ばれています。

この持ち方をしているとすぐにお箸の練習をするのは難しいので、「握り持ち」から「下手持ち」「えんぴつ持ち」に変える練習をすることから始めましょう!


えんぴつ持ちができるようになったら、
1本のお箸を鉛筆を握るように持つ練習をします。
親指と人差し指、中指を使って持てるようになるのが最初の目標です。


鉛筆持ちができるようになったら、指の間からもう1本のお箸を入れてあげましょう。
もう一本のお箸をママが入れてあげることで、「お箸の正しい持ち方はコレだよ」ということを子供に伝えてあげると良いですね。


正しい持ち方を教えることができたら、上のお箸を動かす練習をしてみましょう。


注意しなければいけないことは、子供がお箸を持ちたがらない時は無理にしないこと。
強制的にすると子供が嫌がってしまう可能性があります。

せっかくお箸に興味を持ち始めたのに、逆効果になってしまいますね。


もうひとつは、間違った持ち方をしてしまったり、上手に持てなくても怒らないこと。
握り箸に戻ってしまっても、ママが怒ったり、食事中に何度も持ち方を直さないようにしましょう。

子供の気が向いている時に、ほんの少しの時間で良いので、正しい持ち方を教えて、そのあとは子供の自由にさせるのがコツです。

上手にできた時は、たくさん褒めてあげましょう!

スポンサーリンク

子供のお箸で使いやすいのは?持ちやすいおすすめの補助グッズも!


お箸の選び方は、子供の手の大きさにあったお箸を選ぶのがポイント。

お箸はいろいろな長さがあります。
子供にとっては、長すぎても短くすぎても扱いにくいです。

自分に合ってないものを選んでしまうとうまく使えず、子供がお箸を嫌がってしまう可能性もあるので使いやすい長さのお箸を使いましょう。

「お箸の長さの選び方」

人差し指と親指を直角に開いて、その人差し指から親指の長さを図り、その長さの1.5倍が持ちやすいお箸の目安とされています。

他の目安として、足のサイズや身長の15%も目安となるので参考にしてみてくださいね。


私の子供の場合は今15cmのお箸を使っています。
18cmのお箸も持っていますが、やはり少し長くて使いにくようです。
人差し指を親指を直角に開いた間の長さは10cmでした。

足のサイズは16.5cmなので、今使っている15cmのお箸がぴったりなようです。

お箸にくぼみがついているものは、指の位置をチェックしやすいといった特徴があります。

持ちやすいおすすめの補助グッズは?

お箸の補助グッズといえば、お箸にリングが付いている補助箸の「エジソンのお箸」が有名です。

こちらのお箸は指にリングを通すだけで、簡単に自然と正しいお箸の持ち方ができるというメリットがあります。


デメリットとしては、自分でお箸を持たなくても、リングにさえ通したら簡単にお箸が持ててしまう為、指を通すリングに頼りきってしまうということ。

そのため、普通のお箸を使うことへの移行が難しくなるように私は感じます。
実際に私の子はこの箸から普通のお箸へ変えたあと、きちんとした持ち方ができるようになるまで1年半以上かかりました。


こういったデメリットもありますが、子供にとってすぐに普通のお箸を使うことは非常に難しいです。ですが、エジソンのお箸を使うと簡単に使うことができる為、子供がお箸に興味を持つきっかけとしても良いですね。

まとめ

子供がお箸を正しく持てるには時間がかかります。
中には練習せずにすぐにできる子もいるようですが、大半は時間がかかるでしょう。

子供のお箸トレーニングは、まず子供がお箸に対する興味を持つことが一番大切。

お箸を強制的に使わせてしまうと、逆効果になります。
ママは焦らず子供のペースでゆっくり進めていきましょうね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました