好き嫌いが多い・決まったものしか食べない子供の好き嫌い対策と克服レシピとは?

子育て


子供の成長と共にママの悩みのタネとなるのが
「好き嫌い」ですよね。
見たことも食べたこともない食べ物に対して
子供は警戒心を持つため、「美味しいよ?」
と大人が言ってみてもなかなか受け付けてもらえません。


ですが、
「好き嫌いが多い」
「決まったものしか食べない」
のは、ママにとってかなり大変なことで、
どうにかこうにか食べてくれないかと
頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか?


我が子は、上の子は食べること自体が好きなようで
比較的なんでも食べてくれるのですが、
下の子は食が細い上にお菓子ばかり食べていて
ご飯に関しては「とにかく根気よく付き合う」ようにしています。


ですが、大抵の場合「食べず嫌い」の場合も多いです。


好き嫌いを克服する対策としておすすめなのは、
ママや兄弟が美味しそうにして
「食べている姿を見せる」
のが効果的です!

あとは、

食べたら褒めてあげる
好きな食べ物と嫌いな食べ物のバランスを考えながら、上手に食べさせる
などありきたりですが、食べてもらうきっかけになります。


今回はこの好き嫌いを克服する対策をご紹介したいと多います!

スポンサーリンク

子供の「好き嫌いが多い」「決まったものしか食べない」を“好き”に変える方法は?


大人と違って子供は正直です。
「気を遣って食べる」なんてことは子供はしません。

その分、「好き」と思ったらパクパクと
食べてくれますし、嫌いだと思ったら
意地でも食べない!なんてこともありますよね(笑)


ですが、「美味しい!」と食べてくれる日は
必ず来ますので、根気よく子供に付き合ってあげましょう!


ここでは、子供の
「好き嫌いが多い」
「好きなもの・決まったものしか食べない」
を“好き”に変える方法をいくつかご紹介したいと思います♪

① ママや兄弟が美味しそうに食べている姿を見せる

これは意外と効果があって、
嫌いなもののはずなのに、ママや兄弟が
美味しそうに食べている姿を見ると、なぜか
「自分も食べて見ようかな」
という意識が生まれてくるようです。


一人目のお子さんの場合は、ママはもちろん
パパにも協力してもらいながら、まずは
「食べることへの興味」を持たせてあげるようにしてみましょう!

② 食べたら褒めてあげる!

これは「好き嫌いのみ」に関して
ということではありませんが、
子供はやはり「褒められる」ことが
のびしろにも繋がり、成長することも沢山あります。


ですから、褒めてあげることで
「やってみようかな!」
という気持ちにさせるのは、とても大切
と言えますね。

③ 「好きなもの」と「嫌いなもの」はバランスよく!

好き嫌いが多い子供や、
決まったものしか食べない子供は
やはり食事も「好きなもの」に偏りがちです。
ですから、嫌いなものを目の前にしたところで
自分から食べないのは目に見えてわかること。


なので、段階を追って嫌いなものを
食べさせるようにする
ことをおすすめします!


例えば、最初は細かく刻んで、存在を薄くし、
徐々に固形としてスープやサラダなどに混ぜる
などの工夫を加えるということです。


そして、「これが食べられたんだから、
あっちも食べてみよっか!」と、前向きな
気持ちにさせてあげるのもポイント
です♪


私の下の子は、まんまとこの方法に
のせられるタイプなので、これで食べてくれています(笑)

スポンサーリンク

どれも特別ではなく、普通のことですが、これを根気よく行いながら接してあげることが重要です!

私は、子供の頃「食」に対しての執着がなく、嫌いなものも多い子供でした。
ですが、根気よく母が接してくれたおかげで、今は好き嫌いは一つもありません!

食の幅が広げるのも人生の楽しみの内の一つです。ぜひ、お子さんに試してあげてくださいね♪


子供の好き嫌いはしつけるべき?子供の好き嫌い対策と克服法!


では、子供の好き嫌いはしつけるべきなのでしょうか?
それとも、「まぁ、いっか」と放っておくべきなのでしょうか?

これは個人的な考えですが、

私はある程度しつけてあげるべきかなと思います。


というのも、私の学生の頃の友人で
とにかく好き嫌いが多い子がいたんです。
野菜もお肉もアレルギー持ちではないのですが
「嫌い」と言って食べないんです。


私は好き嫌いがないため、
「こんなに美味しいのに勿体無い!」と
いつも思いながら彼女と食事をしていたわけですが・・・

なんでも美味しく食べられた方が得なのでは?

という私の個人的な意見からすると、
好き嫌いが多い・食べられないなどで
人は困ることは少ないかもしれませんが、
あれもこれも嫌い…だと食の楽しみが
減ってしまうのではないでしょうか?



それに、
「何でも命に感謝していただく」ということを
子供に伝えてあげるのも大切なこと
なので、
厳しくとまでは言わなくとも最低限のしつけは
時に必要な時もあると思います。

子供の好き嫌い対策!克服におすすめの方法とは?

お弁当作戦!


これは私が実践している方法であり、
私自身が子供の頃に好き嫌い対策として
母にしてもらっていた方法の内の一つです。


やり方はとっても簡単です。
食事の際に可愛い/カッコいいお弁当箱に
ご飯やおかずを詰めるだけ!



もちろん苦手な食べ物も詰めるのですが、
子供は食べ物がお弁当箱に入っていると、
自然と「特別感」を感じるようで、
我が子の場合は苦手なものでも食べてくれるようになりました!

まとめ

好き嫌いが多い・決まったものしか
食べてくれない子供への好き嫌い対策を
ご紹介しましたがいかがでしたか?


主に我が家で実践しているものを中心に
ご紹介させていただきましたが、
それ以外でも「これなら食べてくれそう!」
なんて方法があれば、どんどん試してみることをおすすめします♪



好き嫌いに関しては、
とにかく「根気よく」がポイントですので頑張ってみてください!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました