「夏に大量の汗をかくと痩せる」はウソ!? 痩せる体を手に入れたい人にオススメしたい5か条!

美容


「汗をかくと痩せる」
「汗をかいた分だけ脂肪が燃焼した」
そう思っている人は多いのではないでしょうか?


実は、「汗をかく」と「痩せる」はイコールの関係ではないのです!


汗をかいた後に体重計に乗ると、体重が減っている人がいますが、汗をかくと水分が体の外に出るため、その分が減っただけなのです。


ズバリ!痩せるためにはカロリーの消費が必要!
有酸素運動をするとカロリーが消費されるのは有名な話ですが、カロリーを消費するために代謝をよくするための体づくりが日頃から必要です!


今回は、忙しい女性でも
「この夏こそ痩せる体を手にいれたい!」人に、ぜひおすすめしたい5か条をご紹介します♪

スポンサーリンク

夏に痩せる人!健康的にダイエットをするためのポイントは!?

①毎日湯船に入る


夏こそ気をつけなくてはいけないのが「冷房
夏でも冷房のきいた部屋で過ごす事が多い人は要注意です!


エアコンの効いた涼しい部屋に長時間いると汗をかく機会が減ります。

人は体が汗をかかないと、汗をかく汗腺が衰えていくので、暑いからといってお風呂に浸からず、シャワーで済ますという人も多いと思いますが、暑い夏こそゆっくり入浴することがとても大切。


冷房で冷えた体を37度〜40度くらいのお湯にゆっくり温めることに汗をかいて、じんわりと体が温まります。


汗をかくことで汗腺の機能が保たれるということになりますね。
基礎代謝が上げるためにも、毎日湯船に浸かるよう意識しましょう!

②姿勢を正す


姿勢が悪いと、内臓が正しい位置ではなくズレた位置にあったり、骨盤がゆがむ原因になることもあるそうです。


特に歩く姿勢が悪い人は要注意!


姿勢を正して歩く事で、筋肉が綺麗につきます。
歩く姿勢が悪いと、一部分に負荷がかかってしまうことも…。
そうすることで不要な筋肉を使って、一部分が太くなったりする可能性もありますのでダイエットには良いメリットとは言えませんよね!


「背筋を伸ばして姿勢を正す」ことがとても重要で、正しい姿勢で立っているだけでもカロリーは消費されます。


猫背の人や、日中に筋肉を使わないような姿勢でダラダラ過ごしていると、筋肉が衰えていくので要注意!


姿勢を正すことによって、基礎代謝をあげることにも繋がり、見た目も美しくなれるので一石二鳥ですよね♪

③食事は「高タンパク、低カロリー」が基本!


痩せる体づくりの食事の基本は、高タンパク低カロリーな食事!


たんぱく質は筋肉をつける素。
たんぱく質の多い食べ物といえば、乳製品大豆などが代表的で、特に豆類は低カロリーなのでおすすめ!


人は、日中に活動量が多いので昼間にカロリーの消費が多くなります。

ですから、朝と昼はしっかりと食事をとり、活動量が減る夜は食事の量を少し控えめにするのがポイントです!


日頃から特に厳しい食事制限をする必要はないですが、ちょっとした心がけで痩せる体つくることに繋がります。


毎日の食事をよく噛んで食べることもとてもカラダにとって良いコトであり、満腹感も感じられやすくなるため、ダイエットには効果的ですよ!

スポンサーリンク

④基礎代謝を上げる!


痩せる体とは基礎代謝の高さが重要です!


日頃あまり動かない生活をしていると筋肉が衰えてしまいます。
そして、さらに筋肉量が減ると、基礎代謝が低くなるという負のループ。。。


ですから、基礎代謝を上げるには程度な筋肉量を維持する事がとても重要!

毎日の生活の中に「軽いストレッチをしてみる」「今日は一駅歩いてみる」など無理なく体を動かすことが大切ですね。

⑤軽い有酸素運動などをして体を動かす!


カロリーを消費するにはやっぱり有酸素運動が効果的!


無理にジョギングを始める必要はありませんが、今日は歩いてみようかな?と気が向いた時に一駅歩いてみるのはどうでしょう?


私は運動不足を感じた時には、電車を利用する際にたまにわざと1駅手前で降りて、歩いていました。いつもの通勤のルートと違って気分転換にもなり、歩くと気分もすっきりして、とても良いですよ!


あとは、、、
「エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う」
「寝る前に数回、腹筋をしてみる」

「歯磨き中に踵の上下運動してみる」

・・・と、普段の生活の中で手軽にできるものからトライしてみると、ストレスも少なく始められるきっかけになると思います!


もちろんしっかりと筋トレしたりジョギングをしたい!という人は毎日続けてやってみると痩せる体づくりにかなり効果的ですよ!

夏汗かいたら要チェック!実は夏の汗にも種類があった!?痩せる汗と太る汗!

汗にも種類があるのを知っていましたか?


汗の役割は体の温度調節で、夏の暑い時期は汗をかくことによって、皮膚の上で蒸発する時に熱を奪っていくので体温を下げる効果があります。


汗をうまくかけないことによって体温が上昇したり、体調不良の原因となるのです。

汗はどこからくるの?


汗は血液から作られています。 


汗をかく機能が正常に働いている人は、水分だけが汗として出てきますが、正常に働いてない人はミネラルも一緒にでてきてしまいます。


体に必要な栄養素であるミネラルも一緒に汗と出てしまうため、体調不良などを起こしてしまう・・ということになるのです。


つまり、汗をかく機能が正常に働いていない人のほとんどは、汗をかかない生活を送っている人なのです!

痩せる汗の特徴は?

汗がさらっとしている
無臭
汗の粒が大きい
汗がひいたあとの肌がサラサラする
全身から汗が出る

太る汗の特徴は?

汗がべたべたしている
匂い有り
全身から汗がでない
汗をかいたあとに肌がベトベトする
しょっぱい味がする



上のそれぞれの特徴を見てみると、太る汗をかいている人は、汗をかく機能が正常に働いていないということになります。


体内の水分やミネラルのバランスが崩れると、むくみの原因にも繋がるそうです。
代謝も悪くなるので、痩せる体にはならないのです。


良い汗をかけるように、日頃から汗をかく環境にしていくことが大切ですね!

まとめ

日頃のちょっとした習慣をつくることで痩せる体はつくれます。
難しいことはなかなか続きませんが、簡単なことを毎日少しずつ生活に取り入れていくことで痩せやすいカラダが手に入る日も近いのでは!?


今までダイエットに成功しなかった・・・というあなたも、毎日の生活をもう一度見直してみると、ダイエットに繋がるポイントが見つかるかもしれませんよ!


基本を見直して痩せる体づくりをしていきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました