断乳後の夜泣きに悩むママ必見! 断乳・卒乳を進める時期や方法、 寝かしつけのコツは?

ライフスタイル


授乳しているママにとって、
子供が1歳前後になると気になってくるのが
「断乳」「卒乳」


保育園に入る予定だから断乳したい
そろそろ卒乳してほしい
2人目ができたから断乳したい
ママが薬を飲まなければいけなくて、
お医者さんから断乳してくださいと言われた
なんて理由は様々。


夜中に起きてくる子供は断乳すると朝まで寝る
なんて話も聞いた事ありますよね。
朝まで寝てほしいから断乳を考えるママも多いのでは?


卒乳は赤ちゃん一人ひとりタイミングがあるので、
赤ちゃんが自然におっぱいを卒業できる
タイミングを待てばいいのですが、
理由があって必要に迫られて断乳する場合は
仕方がありません。


ただ気になるのは夜泣きですよね。


断乳後、おっぱいが欲しくて、泣く赤ちゃん。
私もその経験があります。
おっぱいが欲しくて泣きやまず、
数時間抱っこしてやっと寝かしつけした経験があります。


でも心配しないでください!
赤ちゃんもおっぱいがもらえないことが理解できると、
自然と泣き止まなくなります。

私の子も断乳した2〜3日は夜泣きが酷かったですが、
そのあとは徐々に夜泣きは減っていきました。


今回は赤ちゃんの断乳や卒乳の時期と寝かしつけのコツをお伝えします。

スポンサーリンク

断乳・卒乳を始める時期や方法は?私が経験した失敗&成功パターン!


私のケースは
上の子は1歳2ヶ月、
下の子は1歳9ヶ月で断乳しました。


きっかけは上の子の時は2人目の妊娠。
下の子は私が抗生物質を飲まないといけなくなり、
お医者さんから「授乳はやめてください」と言われて断乳しました。


上の子はそれ以前にも
何度が断乳に挑戦したことがありましたが、
今まで夜中子供が起きた時に授乳して
そのまま寝ていたのが、断乳すると
「おっぱいがほしい」とギャン泣き。


あまりにも泣き止まなかったので、
私の方が折れてしまい失敗。
最終的に断乳に成功した時も
2〜3日は夜中ひどく泣き続けていました。


とてもじゃないけど
私一人で対応できなかった為、
この時は夫が仕事が休みの時に断乳することでなんとか成功。


夜中2時間泣き続け、
泣き疲れて寝るという日が3日ほど続き、
その後は本人も泣いてもおっぱいを
もらえないということを理解しているのか、
4日目からは徐々に夜泣きは減って、そのまま寝る事に成功したのでした。


下の子の時は、子供自身が自ら自然に
おっぱいを卒業するのを待とうと思い、
しばらくは授乳を続けていましたが、
私がマイコプラズマ肺炎になり、
抗生物質を飲まないといけない状況に。


お医者さんに「授乳はもうやめてね」と言われ、
必要に迫られ断乳。
上の子の断乳の時の記憶が蘇り、ヒヤヒヤしていました。


上の子も断乳した日は夜中泣きましたが、
なんとか抱っこせずに胸をトントンしていると
そのまま眠ることに成功。
翌日から少しずつ夜中起きる回数が減り、
1週間もすれば朝まで寝ることに成功しました。



赤ちゃんも「おっぱいがもらえない」
ということを理解しているのでしょう。
しばらくおっぱいが恋しくて泣いてしまう
可能性はありますが、大丈夫です。

スポンサーリンク

断乳の時期は、
離乳食が進んで3回しっかり食事で栄養がとれていること
水分も母乳以外でしっかりとれていること
赤ちゃんもママも元気であること
この3つがとても重要です。

この3つをクリアしていない状態での断乳はやめておきましょう。


断乳後の夜泣きも考えて、
ママと子供の体調がよく、夜中に他にサポート
してくれる人(パパなど)がいる時にすると、
ママの負担も減るのでオススメです!



もし夜中におっぱいを欲しがったら、
お茶やお白湯を飲ませてみましょう。
夜泣きを落ち着かせる方法なので、試してみてください。


あとは最後の授乳をする時に子供に
「これで最後のおっぱいだよ〜」
と一言、伝えると良いですね!

断乳後の寝かしつけには抱っこ紐とスリングどっちがオススメ?


断乳後の寝かしつけに抱っこ紐や
スリングを使うママは多いでしょう。
私もギャン泣きの子供を抱っこ紐を使って
寝かしつけをしていました。


なかなかすぐには寝なかったので、
前向きだっこだと長時間の抱っこが
とてもきつかったのを覚えています。


結局は抱っこ紐でおんぶして
寝かしつけしていました。
おんぶした状態で家の中を
ひらすらうろうろしていましたよ!


うろうろしているうちに
子供は寝てしまいましたが、問題だったのは、
抱っこ紐から下ろす時に子供が起きてしまうこと。
これで一番の問題点でした。


こういう時にスリングがあれば、
そのままベッドに下ろすことが可能なので
スリングを使うというのもひとつの手です。
私のママ友はスリングをとても上手に使っていて、
「寝かしつけもこれでできるよ」と言っていました。


ただ、スリングは使い方が難しい場合も多いので、
スリングの使い方慣れているママにとっては、
断乳後の夜泣き対策でスリングを使うのも一つの手だと思います!

断乳後の寝かしつけには、
ママも子供も使い慣れているものを使うのがオススメです。


まとめ

子供はいつか必ず断乳や卒乳する日がやってきます。

必要に迫られてない断乳の場合は、
ママがきついと思ったら、無理にする必要はありませんよ。
断乳後の夜泣きもいつかはなくなっていきます。

いざ、断乳に成功してしまったら、ママは寂しく感じるでしょう。
でもこの寂しさは子供の成長の証でもあるので、見守ってあげてくださいね!


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました