白シャツの黄ばみには台所洗剤が効果的!? ガンコな黄ばみの簡単な落とし方と汚れ防止!

洗濯


真っ白のワイシャツの襟元や脇、袖口などにつく黄ばみ、気になったことありませんか?

買った時は真っ白だったのに、いつの間に?
毎日洗っているのに、、、


と思うあなた。
この黄ばみの落とし方、知りたいですよね。

私も同じような経験があり、毎日洗濯しているのに、気づくとシャツの襟が黄色っぽく汚れていて、汚れが目立つ度に、襟元専用の洗剤を襟元に塗ってから洗濯機へ入れたり、部分洗いをしたりしますが、落ちないこともあります。


実はこの黄ばみの原因は皮脂なのです!

この頑固な黄ばみの簡単な落とし方のコツにはいくつかあり、
台所洗剤を使う
酸素系漂白剤を使う
などがあります。


そしてこの黄ばみを予防する方法も
洗濯の時にお湯を使う
ベビーパウダーをつける
など、ちょっとしたひと工夫で汚れを防止できるんです!


それでも落ちない時はクリーニングに出すと良いですね。
今回は頑固な黄ばみの簡単な予防方法と落とし方をお伝えします。

スポンサーリンク

白シャツの黄ばみ予防にはコレ!脇や襟の黄ばみの原因は?


シャツについている黄色い汚れ
これは一体何で原因でしょうか?

答えは「体から出る汗や皮脂」が原因となって、酸化してしまった汚れです。
人は毎日汗をかいて、皮脂を分泌しています。
その皮脂汚れが酸化して、変色して黄色くなっているのです。


放っておくと、黒ずんでくることもあるので、汚れがひどくならないうちに対策が必要です。


そして、襟や脇に汚れがついているのは、繰り返し着ていて汚れがたまる場所だからなんですね。
白い服だけではなく、着ている服であれば皮脂はつくのですが、特に「白」のシャツは汚れが目立ちやすいです。


とはいえ、夏場は特に白い服を着る機会も多いですから、できるだけ綺麗な状態をキープしたいものですね。

白シャツやTシャツの黄ばみ予防法!

洗濯する時にお湯を使う!

汚れの元は「油」ですので、お湯を使って洗濯するのも一つの手です!


お風呂の残り湯などを利用すると良いですね。
残り湯がない場合は、汚れている部分だけお湯につけるのも一つの方法です。

汚れている部分を部分洗いしてから洗濯機へ

これは当然ですが、洗濯機で洗う前の工程も黄ばみ対策には重要です!


この場合も、あらかじめお湯を使って部分洗いをしておきます。
部分洗い用の専用の洗剤を使うと、汚れが落ちやすくなります!


私もシャツの黄ばみや黒ずみが気になった時はあらかじめお湯で部分洗いしてから洗濯機へ入れます。

汚れがひどくない場合はこの方法で綺麗になりますよ♪

シャツの下に肌着やインナーを着る!

汚れの原因が、体から出てくる汗や皮脂なので、シャツが直接肌に当たらない工夫をするのもひとつの方法です。



最近では、脇パッドが付いている肌着やインナーも売っていますよね。


素材によって痒くなったりするものもあるようですが、敏感肌の人でも「安心して着られる!」との声が多く上がっているのが、こちらのGUNZE(グンゼ)「インナーシャツ クールマジック」です!

私も夏場に限らず使うことも結構ありますが、脇パッドの部分がしっかり二重構造になっていてシャツやTシャツに染みることもありません!


しかも、防臭加工もしてあるので、1日中着ていてもさらっとしていて、夏場は重宝です♪

脇パッドを貼るのがめんどくさい人にはおすすめです♪


肌着やインナーを着ると、シャツに直接肌が密着しないので、汚れ防止になりますよ!

汚れる部分にベビーパウダーをつける!

肌にベビーパウダーをつけと、肌がサラっとする効果があります。


シャツの汚れる部分にベビーパウダーをつけておくと、ベビーパウダーに入っている成分のデンプン(コーンスターチ)が汚れの元を吸収し、皮脂の汚れがつきにくくなります。


部分的につけたベビーパウダーは選択で簡単に落ちるので問題ありませんよ♪

スポンサーリンク

注意しなければいけないのが、「ベビーパウダーは部分的に使う」こと!
ベビーパウダーは、デンプンの成分(コーンスターチ)入りのものを使うようにしてくださいね。
また、つけすぎて肌にパウダーがついて粉っぽくならないようにしましょう



ガンコで手強い白シャツの黄ばみにはクリーニングも!


「皮脂汚れ」は油なので、水ではなかなか落ちません。

そこで汚れを落とす方法としては・・・

台所洗剤を使う!


キッチン用洗剤であれば、油も落とすことが可能です。

これと同じ原理で、シャツの皮脂汚れも落とすことができますよ。
先ほどもお伝えしましたが、お湯を使うとさらに効果的!

やり方もとっても簡単です!

やり方

汚れが気になる場所に、台所用の洗剤をつけます。
 ↓
やさしく歯ブラシでこすります。
 ↓
汚れが浮き上がってきた頃にお湯につけて、洗い流しましょう。
 ↓
洗濯機に入れていつもと同じようにお洗濯すればOK!

台所用洗剤は、油汚れには最強のアイテムです!
この方法で、出来れば時間が経たないうちに、汚してしまった部分はささっと洗ってしまった方が、汚れは落としやすくなるので、なるべく早く洗いましょう!


酸素系漂白剤を使う!


もうひとつは、「酸素系漂白剤」を使う方法を紹介します。


「漂白剤」といえば、匂いのする「塩素系漂白剤」を思い浮かぶ人が多いと思います。
塩素系漂白剤は色落ちしたりするイメージがありますが、今回は塩素系漂白剤ではなく、酸素系漂白剤なので間違わないように注意してくださいね!


やり方も簡単です!

やり方

酸素系漂白剤を入れた、お湯の中に汚れが気になるシャツ等を約1時間浸け置きします。
 ↓
浸け置きした後にいつも通り洗濯機に入れて洗濯すれば完了!

汚れが気になる場合はもう1時間、浸け置きしても良いです。

ただし、この酸素系漂白剤を使う時は、40〜50度のお湯を使うことがポイントです!
お水を使うと効果が発揮されないので、必ずお湯を使うようにしましょう。


ご家庭でできる方法でもどうしても落ちなかった!
という頑固な汚れには、クリーニングに出しましょう。


クリーニングに出すとプロの仕上がりになります。
クリーニングに出すとしっかり汚れも落ちて、真っ白になることがほどんど。


どうしても頑固な汚れはオプションでシミ抜きも行なっているので、どうにもならない頑固な汚れはプロに任せると良いですね♪

まとめ

気がついたら真っ白だったシャツが黄ばんでしまっても大丈夫です。

ご家庭でも汚れは落とすことはできますし、予防もできます。

重要なのは、汚れを放って置かないこと!
特に袖や腕の関節部分、襟、脇下などは汚れがつきやすいので、1回着たら必ず洗うようにしましょう。

もしどうしても落ちない場合はクリーニングに出しましょう。
着る機会が多いシャツだからこそ、常に綺麗な状態をキープしましょうね!


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました